空蝉箱饅頭入り

饅頭怖いのでお持ち寄り下さい。

Part6.とことわの狩竜人(セブドラ無印

【カザン】

白「…知り合い…?

居ると思う?

白「無いわね……

新米のペンネ「はっ、はじめまして!、僕ら新米ハントマンのペンネっていいます!
あ、あの…僕、ソードサマナーさんの大ファンなんです!。みなさんが起こした奇跡的な功績の数々…本当に尊敬してるんです!
僕、みなさんに憧れてハントマンになったんです!。ああ、こうして会えるなんて!
あの…せっかくだからみなさんの実力を身近に体験したいんです!
僕からの依頼なんて、みなさんには朝飯前の仕事ですよね!?」

白「先ず内容を聞かないとなんとも言えないわ…。ドロップ品集めなんて特にね……

新米のペンネ「またまたぁ〜、そんなご謙遜を!。本当は楽勝ですよね?」

あ、やばい。びょんさんが割と悪い顔してる。

白「だいじょうぶ、おかしなこといってるそのくちをいちどとじるだけだから」

舌噛むんでやめてあげて下さい。

白「…なら後は任せるわよ?

そうなりますよね

って言ってる側から話終わったね。

白「討伐依頼らしいけど…一度確認してみましょうか……

【憧れのハントマン★★★★☆】
憧れのギルドの実力を実感したいので、フロワロシードを3個見せてほしい!

白「無理ですね……

やっぱり?

白「スフィアドラグから1個ドロップしたのがあるけど…当のスフィアドラグは既に死滅してるしこれを使って復活させたら無くなるし……

一応、ワイバーンというドラゴン辺りも落とすし、稼ぎ序でに狙ってみようか。

白「そうね…リセットマラソンが始まるわ……

ちなみに後に取引出来るようになるブラックスノーでは500円ぐらいで売ってたりする。

白「依頼目的が討伐なんだし…それをやったら名折れよ…?

まぁびょんさんならそう言いますよね




白「カザンの大統領府に来たけど…メナスはやっぱりその位置なのね……

メナスが言うには、ソードサマナーは2匹の帝竜を倒したことで凄い名声を手に入れたよ、だから君達自身が出向かうことで更なる協定を結べると思うんだ。
君達は今から、学術都市プロレマとルシェ民族の国ネバンプレス帝国に向かって欲しいんだ。もう少ししたらプロレマから迎えが来るからあとはよろしくね。

白「分かりやすい……


さて、迎えが来たみたいだね。

白「でもこの大陸は大分歩いたけど…プロレマってどこなの…?

海の向こうにある。

白「船でも用意する訳…?

まぁそんな感じだね。

ノワリー「…船?、いいえ、違います。世界で2番目のスピードで飛ぶことが可能な我が国の技術の結晶…「飛空艇」で来たのです」

白「今まで…ポータル移動とかは有ったけど…、次はお空の旅なのか……

旅って言っても真っ直ぐプロレマに向かうだけだけどね。




…めっちゃ窓際に張り付いて外を眺めてるそこのびょんさん。

白「何かしら…?

楽しそうですね。

白「ここから饅頭を投げ落としたら…どれぐらい対空するか考えてたのよ……

多分、空気圧で飛び散りますね。

白「星が汚れて行く……

誰の所為ですか誰の。

オペレーター「ノワリー様、緊急事態です!」

白「…2番目ってそういうこと…?

正しくその通りですね。

白「対ショック態勢ってどうやるんだっけ…?

私軍隊入ったことないし分からないけど、取り敢えず膝を曲げて頭を守る感じかな。

白「…貴方は貴方で頑張りなさい…。

誠に遺憾である。

ノワリー「機関停止!これより本機は不時着する!」


ドガッシャーン

白「…はぁ…生きてたわね…、饅頭は転がって行ったけど……

饅頭生きてまーす!

白「まぁ貴方ほどの玉がそう易々とは死なないわよ……

不時着地点はプロレマのすぐ近くだし、まぁ無事って言えば無事だよね。

白「紫紺のタテガミがドロップしたわ…。ってことは火球の核15使う剣が作れるわね……

早速戦闘を始めるんですね(


【プロレマ 異端の学都】

白「…なんというか…独特な建物形状をしてるわね……

DNA螺旋とかそんなイメージなのかな。

白「人体作成とか…?

無くはなさそうだよなぁ。


『フロワロ調査員の鉄則』
1・深入りしない
2・むやみに触らない
3・食べない

白「食べる…?

食べないです。


白「プロレマ本塔最上階まで来たわ……

残念になったエメルさん登場です。

白「どれぐらい残念なの…?

エメル「1匹でも多く…だと?。なにを寝ぼけたことを言っている!、我々の使命はなんだ?、全てのドラゴンを抹殺するこだろう!。血も肉も、ウロコの1枚さえも残さず、この地上から消し去らねば意味がない。ドラゴンという名を後世に残すこたすらおぞましい。ドラゴンを倒せるなら私はお前たちになんだってしてやる。命さえ、必要なら捧げよう。血の一滴までも残さずに魂ごとくれてやる。だから、お前たちも誓え。命をかけて、すべてのドラゴンを抹殺すると」


…このぐらい残念です。

白「…ノーコメントの方向で行きましょうか……

ネバンプレスに行くためにプロレマが船を用意してくれるってさ。ただしファロという学士を探せと言われました。

白「受付の人に聞いたら…通り過がったファロさん…。なんか逃げ出したわよ…?

極度の人見知りらしいんですよねぇ。

白「コナタの固有結界を展開すれば割と簡単に捕まえられるわよ…?

やめてあげて。

元気な受付嬢「お手数ですが、どこかにいると思いますので捕獲しちゃってください」

白「…それで良いのかしら…?、ちなみにクエストを受けないとダメらしい……


【プロレマ最上階】

白「っ…いったぁ…。

見事に激突してましたね。

白「そういう貴方も吹き飛んでるじゃない…。今のはクリティカルヒットだったわ……

最上階を通ろうとしたら逃げ道を塞がれたファロが頭突きしてきて割と痛い音がした。

白「よし決めた…アイツあとで甚振る……

やめてさしあげろ


【プロレマ西館】

白「…私びょんさん…今貴方の後ろに居るの…!

ファロ「キャッ!!」

色白な所為でもはや悪霊かなんかですね。

白「はぁ…まぁ追いかけっこは終わったし…船が貰えればあとはどうにでもなれだわ……

ファロ「…え…?、あなた、船の人…?。ソードサマナー…?」


ファロ「…認識、なのです。し、失礼、しました…」

ファロ「私の任務、みなさんの船の準備です。もう、できてますよ。みなさんが乗れるように沿岸に待機させておくですね。
プロレマの船特別です!、みなさんが呼べばどこへでもやってくるです!」

白「なるほどね…有難い機能だわ…。さて、船旅と洒落込もうかしらね……

ファロ「風速、海流、気候の状況から87.6593%の確率で西大陸に到着できるです」

ファロ「そ、れでは…わたっ、私、失礼、しますね…!…あ…あの…またご用事がありましたら声をかけてくださいです」

ファロ「…今度は知ってるですから逃げたりしませんです」


白「の割には走り去っていったけど…?

怖かったんじゃないかな。

白「なにがかしら…?

メリーさん。

白「確かにそれは怖いわね…。




いざ、出港だー!

白「海賊王に…俺はなるッ(ドン!!

……。

白「遅いわね……

まぁ遅いな。

白「遅過ぎない…?

一応、港町ゼザに行けば高速操舵が買える。序でに南海操舵も。

白「それらが無いとまともに動かないのね…?

まぁ遅いままですね。ちなみにこの上の陸地の真ん中辺りにゼザあるよ。

白「ゼザの一帯は凄く砂漠化してるわね……

西大陸の大半が割と砂漠化してる筈。

ちなみにゼザでストナルを買うか、プロレマ右のポータル・フェルを起動しておいた方がいいよ。

白「石化回復アイテムってだけで嫌な予感がするわ……

私も正直嫌です。

白「取り敢えず10個買ったわ…。


白「あとは道形に行くと…ヨーバー大滑砂があったのだけど…ここ?

ここ。

白「…行くわよ……

白「名前の通り砂が流れていて…

その周りにドラゴンとフロワロが大量に居ます。

白「…めんどくさそう……

誠に同感である。


3マップ目のストナータさん「やぁ(^∇^)

白「ストナータさんの貴重な顔文字シーン……

出会ってしまったか…。

白「石化睨みは単体効果なのが救いだわ…。コナタが一番速いし…ストナル役は任せろー…!

1ターン目の石化睨みの後は首咬みばかりだったストナータさん。でも怖い。


白「通常エンカウントか…なにが出るかしらね……

【ロックマンがあらわれた!】

白「…おっくせんまっん…おっくせんまっん……

スプーンを目に当ててウルトラマンとかしないからね。

白「確かにロックマンというより…岩よね……

まぁ言ってしまえば岩だけど、ゴーレムとか他に言い方無かったんだろうか。

白「コイツ炎耐性持ってるみたいね…。ファイターのフランベルジュが13ダメージだったわ……

赤竜並み(世界樹シリーズ)の炎耐性とか怖い。

白「このエリア…回復の泉があるしボスでも居るの…?

居ますよ。

白「挨殺しておいた方がいいわね……

フロワロ消したいって意味で同感だから困る。

白「ボスの名前はアルマノス…、うっ…頭が……

20のアルマノスガチ怖かったけどびょんさん見てただけやん。

白「代わりに言っておいた方がいあかなって…?

謎の良心。

白「しかしコイツ…前衛を単体を赤ゲージにしながら拡散するロックキャノンが凄い痛いわ……

回復力高めのパーティだから持ち堪えてるけど、アタックキルlv5でこのダメージなんだよなぁ。

白「時に…マグナムヘッドってロケット頭突き的な…?

カメックス的な意味なのか、アンドロ的意味(世界樹)なのかで話変わって来ますね。

白「物理耐性持ちだったからやっと倒せたわね…。お…、奥には宝箱が……

サンドスティンガーっていう短剣だね。

白「ローグに持たせたらどれぐらい上がるかしら…?

大体スティレット(攻撃力+40)とシミター(攻撃力+62)だとシミターの方が僅かに強いぐらいだし、攻撃力+54のサンドスティンガーには期待出来るな。

白「使ったことないの…?

割とこのタイミングでヨーバーを通り抜けれそうなのは初めてなんです。

白「テキトーなドラゴンで試し斬りしましょうか……

2マップ目のストナータさん「やぁ(^∇^)」

白「またお前か……

ヴァンパイアlv5か体感40〜50増えてるね。

白「地味に大きいわね…地味に……

地味って言ってはいけない。

白「さらにそのまま1マップ目に流れて行ったら…ヨーバー大滑砂の地図を見つけたわ……

これで一安心だね。




白「…ねぇ?

抜けたね。

白「抜けたわね……

初めてヨーバーをこのタイミングで抜けたよ。何回もやってるのに。

白「ここから先にはどうやって行ってたの…?

南海操舵で南海をEX逃走で抜けて、ヨーバーの向こう側の陸地に辿り着き、ポータル・レー辺りでセーブ書いて行き来出来るようにしてた。

白「逆に難しそう……

一応生きるか死ぬかだけだから割となんとかなる。ちなみにlv24ぐらい。

白「今既にlv30超えてるのだけど…?

なんであんなに低かったんだろう…。




白「…なにこれ……

帝国領バ=ホ、壊れた街並みと大量のドラゴン。何人が死んだやら。

白「本当に…セブンスドラゴンの世界は暗いわね……

っていうか私の好むゲームが割と暗いような。

白「世界樹や…ラジアントヒストリアも割と暗い面があるものね…?

2つ共アトラスだったでござる。


瀕死の兵士「…お前たちは……、そうか…例の、東大陸の…、もしや、西大陸のドラゴン討伐西協力しにきてくれたのか…?」

白「えぇその通りよ…。理由は不純だけどね…、出来得る限りのことはやらせてもらうわ……

瀕死の兵士「そうか…ありがとう…、本当に、ありがとう…!」


瀕死の兵士「…俺はな、このバ=ホで生まれ育ったんだ。故郷を守りたくて飛び出してきたら…このザマさ、もう、長くはもたないだろう。
…そうだ、この命尽きる前に、俺のスキルを伝授しよう」

白「フォーリングスターと恍惚のキス…。恍惚のキス?

気にしたら負けです。

白「…有難く受け取るわ…。後はコナタ達に任せて、安らかに眠りなさい……

瀕死の兵士「…俺の、想い…託し…た…ぞ……

白「さて…少しだけ見てなさい…。コナタ達の力を見せてあげるわ……


〜少女掃討中〜


白「ま、こんなもんよ…。

瀕死の兵士「………」

白「ばいばい瀕死の兵士……


白「さぁ…行くわよ……

最近のびょんさんが主人公してる。邪神だけど、邪神だけど。

白「貴方こそ空気読みなさいよ…?

なんか重た過ぎてシリアスブレイク狙うしか無かったんだ許せ

白「仕方ないわね……


帝国領・監視キャンプに到着。サクサク過ぎて怖い。

白「貴方どれだけ難しい世界に居たのよ…?

本当になんでだろう…。


『ニガーイ飲み薬』
白「…

食べない。

『シミール傷薬』
白「食べない…?

むしろ食べ物なの!?


白「ネバンプレスまでもう少しみたいね……

あとは北上したらすぐだよ。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/27(金) 09:28:13|
  2. セブンスドラゴン
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://sutenekonohako.blog.fc2.com/tb.php/378-3d5dbdb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)