空蝉箱饅頭入り

饅頭怖いのでお持ち寄り下さい。

Part7.とことわの狩竜人(セブドラ無印

【ネバンプレス帝国 孤高の戦団】

白「本当にすぐだったわ……

私もサクサク過ぎてビビってる。

白「先ずは壺か…武器屋か…。

金が溜まってるし、武器屋行こうぜ。弓ローグの場合、クエストでメルスキティアボウを貰うと楽だけどね。

白「武器屋が2つあるわよ…?

上の武器屋はまだ取引出来ないし、下の武器屋で買うしかないね。

白「またスキル的な話…?

スキル的な話ですね。

白「…短剣や鎧は良いのを売ってるわね…。ファイター用の剣はフランベルジュが最高か…、刀は素材不足……

近くの雪原に現れるマーダーベアの牙3つだね。これ逃すと結構後までアイゼンの武器のままだし集めた方がいいよ。

白「刀は上がり幅が大きいしそうするわ……


〜少女雑魚狩中〜


白「武具の新調も終わったし…謁見しに行きましょうか……

白「それにしても…白銀の中にも無骨というか…鉱石ばかりの世界ねここは……

ルシェは鉱物の声が聞こえると言われる、鉱石に精通してる種族だからね。びょんさんは聞こえないの?

白「コナタはなんちゃってルシェだから聞こえないみたいよ……

なんちゃってルシェって事はつけ耳?

白「失礼ね…、この世界元々のルシェじゃないってことよ…。コナタの生まれはまた違う世界だし……

なるほど。っと、あれがルシェ王だね。

ルシェ王「おお!、よくきてくれた、ソードサマナー。使者から話は聞いている。東の大陸を救った戦士…ネバンプレスはおまえたちを歓迎しよう」

ジェッケ「よう、東の英雄さん。噂はこっちにも届いてるぜ。俺はジェッケ、ネバンにその人ありと言われたルシェ最強の戦士だぜ!」

バントロワ「…バントロワだ」


ジェッケ「…おいおい、それだけかよ?。まったく、かわいげのねぇ女だな」

バントロワ「かわいげとは何だ?必要ならオマエが用意しろ」

ジェッケ「かーーーっ!。聞いたかよ、いまの。やんなっちまうよな」

なんだろう、思い当たる節がある。

白「猪口才な口は封じてしまいましょうねー」

いや…私まだ誰がとか言ってなムググ

ジェッケ「ま、何にせよ『世界を救う英雄』ってのと、肩を並べて戦えるのを楽しみにしてるぜ!」


白「ここでも英雄呼ばわり…ね…。コナタ達はそんな大義名分を掲げてる訳じゃないのにね……

ルシェ王「ネバン軍の指揮権はこの2人にゆだねておる。何かあったら頼るがよかろう」

ルシェ王「さて…さっそくだが、おまえたちの実力を試させてもらおうと思う。我々ルシェは戦う民だ。真の協力関係を築くためにもおまえたちの力を知りたい」


白「……ネバンが発見した帝竜の討伐で実力を試す訳か…、なるほどね…同感だわ……

ルシェ王「噂に違わぬおまえたちの勇姿、期待しておるぞ」

白「どんな噂か分からないけど、実力だけは本物ってことは御理解頂けると思うわ……


白「…あ…、饅頭のことをすっかり忘れてた……

忘れないでください

白「その程度で死なないでしょ…?、シンライカンケイよ…シンライカンケイ……

なんだろう、丸め込もうとしてる感じが凄い。


【エデン南東の諸島】

白「大航海してたら…島があったのだけど…。マレアイア群島国…?

男子禁制の女人国、一応討伐イベントがあるけど、今はまだ行かない方がいい。

白「貴方は饅頭だから関係無いとして…ローグは男グラだけど入れるの…?

かなり検閲が甘いから入れる。あと男グラのローグが居ると条件クエストに引っ掛けられるから便利だよ。

白「だからローグだけ男グラフィックにしたのね……

勇壮な番人「お待ちください、この先はマレアイアの町…現在、何人たりともここを通すなとの命がでております」

?????「どうした、何か問題か?」

勇壮な番人「シャンドラ様!…いえ、この方たちにお引き取りを願っていたのです」

白「特殊攻撃が140ぐらい有りそうね…?

もしそうだとしたらタイプ的に既に死んでますよそれ。

シャンドラ「…キミたちは…もしやソードサマナーではないか?」


シャンドラ「ああ、やはりそうか!…私はアマゾネス部隊長のシャンドラだ。丁度、我らが女王セティス様がキミたちの力を借りたがっているんだよ」

シャンドラ「しかし…見たところ男を連れているようだな。それでは通すわけにはいかない」

白「あー…このローグさん、実は女性なんですよねぇ…。元ネタ的には……

元ネタとか言ってしまうびょんさんブレなさ過ぎる。

シャンドラ「私には男に見えるのだが…本当の本当に女性なのか?」

白「触ってみる…?

シャンドラ「…疑ってすまなかった。マレアイアは外見に問わず女性の味方だ」

シャンドラ「では、私は先に城へ行っている。…ゆっくり来るといい」

白「ゆっくり…って言われたし…ゆっくりして行く…?

そうだね、序でにSP振り直したいなぁ。

白「ファイターのSPDボーナスを振り過ぎたのよね……

序でにそろそろ、ラッシュエッジをグランドバスターに変えたい。

白「なら…ローグもリプレイスファーストの取得もしたいわね……

サムライも正直、SPDボーナス要らなかったしなぁ。

白「コナタ以外全員振り直しか…。lv上げは…フロワロシード集めるのに使ったゴ=ファ砂漠のワイバーンでいいかしら…?

アレは苦行だった…。固定数のシンボルエンカウントを乱数を固定しないようにしながらリセットマラソンする作業…。

白「…でも依頼は討伐だったんだから仕方ないでしょう…?

まぁびょんさんならそこ拘りますよね。

白「…流石に今回は堪えたけどね……


〜少女lv上中〜


白「lv41休養でlv43〜lv44まで戻って来たわ…。

確実にキモい上がり方してると思う。

白「まぁ…まだ狩り残しがあるのだけどね…。すっかり忘れてたマレアイアの王女に会いに来たわ……

そこ忘れてたんですね。

白「貴方は覚えてたの…?

いえ全く。


セティス「ああ…あなたがたがソードサマナーなのですね…、ようこそ、マレアイアへ」

セティス「シャンドラ、みなさんに状況の説明を…」

シャンドラ「はっ!、…この島は、本来なら魔物ごときが近寄れるばしょではないんだ。月に1度、女王が祈りの歌を祭壇に捧げることで結界が島を包みこむ…祖先より受け継いだ歌の魔力が、邪悪な魔物を遠ざけてきたんだ」

シャンドラ「…しかし…あまりに強大な力をもつ帝竜にその結界は破られ、あまつさえ奴、ドレッドノートは祭壇のあるマレアイア神塔のそばに住み着いてしまったんだ…!」

白「そのドレッドノートを討伐して欲しいわけね…?

セティス「ソードサマナー…マレアイアの民を…私の娘達を、助けてください」


白「地図も受け取ったし…あとは力量次第よね…、どうする…?

力量が足りるか分からないけど、先ずは目先の帝竜を殺す方が先決かな。そうすれば、強い武具も手に入るし。

白「それもそうね…、先ずはデ=ヴォ砂漠のフレイムイーターからか……


【デ=ヴォ砂漠】

白「さて…フレイムイーター前までカットされた訳だけど…

カットされちゃうんですね。1回ファイターが事故ってイゴリアスに殺されたりとか、2マップ目左下のスフェリオン八洞の宿屋からお送りしてる点とか。

白「カットです…いいんだよ…?

グリーンじゃないです。っていうか、振りが雑!


白「さて…行くわよ…。開戦…フレイムイーター…!

白「で…これどういう構造になってるの…?

私もよくわからん構造になってます。

白「なるほどわからんわね…、フレイムヴェイルってことは近接カウンターか……

うちは物理一辺倒だからかなりやばいんじゃね?

白「…と思っていてら…高くてサムライに25ダメージ…。

…弱かったね。

白「言ってる側から死ん…いや…逃げ出したか……


ジェッケ「おい、今、でっけぇドラゴンが飛んでいったぞ!?、あれって…」

ジェッケ「そうか、逃げられちまったか…まぁ、相手もバカじゃないってこったな」

バントロワ「…つめが甘い」

白「全くその通りで申し訳ないわ…。余りの弱さに手を抜いてしまってね……

言ってるそばから申し訳するんですね。

ジェッケ「…とにかく、王に報告しに戻ろうぜ」


【ルシェ王の間】


ルシェ王「…なるほど、フレイムイーターには逃げられてしまったか…」

ルシェ王「結果的に、おまえたちが奴をこの地から追い払ったことは違いない。それに、奴が逃げたということは、自らに勝ち目がないと悟ったということだ」

ルシェ王「帝竜をも恐怖させる猛者!…やはり、噂は間違っていなかったようだな。では、こちらもおまえたちを認めて協定を結ぶこととしよう」

ルシェ王「ネバンプレスは、ソードサマナーに全面協力を約束する。幾千、幾万におよぶルシェの同胞がおまえたちの盾となるだろう」

白「盾…ね…、出来れば弔い槍にはなりたくないものだわ……

ルシェ王「ドラゴン根絶のその時まで、共に剣を取り、戦おうぞ!」

白「えぇ…よろしくお願いするわ…。此方こそね……
スポンサーサイト
  1. 2015/12/02(水) 12:25:03|
  2. セブンスドラゴン
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://sutenekonohako.blog.fc2.com/tb.php/380-639b1bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)