空蝉箱饅頭入り

饅頭怖いのでお持ち寄り下さい。

偶には裏で考えていた設定を表に出してみよう(裏話

《名前》
白描/はくびょう。実は最初にこの名前を使ったのは、メタルマックス3のメカニックの名前である。アルビノ設定が付いたのもその所為(メカニックの女性は銀髪赤目のグラフィックになる)。
《年齢》
正確な年齢は不明、本人の記憶では10代後半。また、饅頭曰く自分(20歳)より絶対年上。
これは細かく決めると窮屈な為、曖昧にしてる節がある。彼女が言うには、彼女の母親に今年で15歳と言われたところから、ボウケンシャーを始めるまでの記憶が曖昧だから正確な年齢は分からないとのこと。貝殻の様に数えるだけで年齢が分かる訳じゃない。とはよく言ったものだ。
《一人称》
コナタと言う事が多い。また、裏設定では凛々しい性格を演じて居た時は、私。と言っていた。
これは、彼女が王族として生きていた時の話になる。詳しい話は私も知らないが(ほぼ決まってない)、彼女がガチギレを起こした時はその頃の口調が戻ることもあるようだ。
《二人称》
貴方と呼ぶことが多いが、悪ふざけで変なアダ名を付けることもある。ただし皮肉的な意味であることは少なく、本人の中では親愛があるからこそのアダ名らしい。なお、ネタ的な敵ボスにも付けられることがあるが、饅頭がそう呼んでるからというパターンも多い。
《性格》
人間には在り方があり、その在り方は自分の責任の中で行われるものである。また、彼女自身に周りが求めた在り方というのを、彼女自身の責任の中でやり遂げ、それを嫌とは言わず、強者の矜恃とまで言う。
彼女は誰よりも人間が好きで、人間の輝きを誰よりも信じている。そして、その人間が求める輝きを演じることで引き出そうとする。その為、彼女は誰よりも真摯で人間の輝きというものを持っている。それが彼女自身の魅力なのだ。
また、普段の伸び伸びとした性格は、周りに彼女にこうあれと求める人が居なかったため、本人が一番楽しい状態として選んだ性格がアレだったためである。その結果、話を進め易いから有難い。
《ギルド》
ソードサマナーのギルドリーダーをやっている。他のメンバーとは仲が良いらしいが、こっちに話が持って来られることは少ない。
また、ギルドの元締めと呼ばれている(少なくても彼女からは)饅頭を肩に乗せており、普段からよく会話するため、彼女自身が腹話術で会話してると思われている節があるが、本人は特に気に止めていない。
《種族》
王族の父親と、獣人の母親を持つビーストクォーター。彼女自身の俊敏性や武器への適性はここから来るものが多い。なお、設定として表に出ることは余りないもよう。
《嗜好》
極度の甘党。それは、友達が加入してるギルドの差し入れに持って行った翌日は音信不通になる程である。若干1名適応してる節があるので、2回目もやっぱりある。ただしそこのギルドリーダーは上手く躱してるらしい。
《相棒》
実は肩に乗せて居る饅頭が相棒である。というか、私こと斑雲空。饅頭の己の強さを追い求めて、新しい戦闘スタイルを作り出す姿を認めてのことらしいが、本人からの扱いは変わらない。一応その饅頭に関しては、人型に形成し直すことで、人間っぽいことは出来る。あと地味にダークエンチャンターというクラスに就いていて、困ったことはエンチャントしといた。と言えば何事もなく済むらしい。
《職業》
基本的に軽戦士系のSPDの高い中衛職になることが多い。世界樹シリーズではカースメーカー/ショーグン/ナイトシーカーを、セブドラシリーズではプリンセスを、2020シリーズではトリックスターをやっている。
前述の種族的な器用さから大抵の武器は扱えるし、後述する呪言やそれに属する技術も行える。
《武器》
基本的にキャラクターグラフィック優先になるため決まったものは無いが、その実績を加味すると、銃に対する適性が最も高いと思われる。世界樹3での話を挙げると、ショーパイ我流デスブリンガー2丁拳銃の連射能力は、乱数をも越えて星の開拓者EX(元ネタはFateシリーズの能力)呼ばわりされる始末である。
《能力》
基本能力はSPDの高さと特殊技巧を使った搦め手を活かした戦い方になることが多い。
また、私の親友の元ハンター鉱石との悪ふざけから定着した結果(主にこの2名の中で)、白む満月の夜を固有結界として展開出来る。その結界の中だと気配をほとんど消すことが可能になり、姿が見えない中何処からとも無く銃弾が飛んでくるようになる。呪言系は銃弾の発砲音をトリガーに発動することで、軽度の呪言を銃撃の雨の中で大量展開することが可能。
等の設定がある。なお、基本的に本編には食い込まない設定のため、余り関係無いのは内緒。彼女の事を邪神と称するのも、この元ハンター鉱石が原因だったりする。
《余談》
彼女自身の自称だが、【黒白の悪運】という呼び名がある。これはセブドラ無印の帝竜が使うスキル、虹色の不運を捩ったもの。色素の薄い彼女と、黒色の饅頭である私を表したものだと思われる。その後、元ハンター鉱石に感化された饅頭は、囚人シリーズ(=囚人と紙飛行機というノベルシリーズ)の二つ名に被せて、【黒白の悪運/ポラりスシーカー】という物を考えた。饅頭が英語が分からない中頑張った結果である。
これは、英字にすると【polar.is seeker】。
ポーラー(polar)が極地とか、正反対とかって意味である。そこにisを付けるとポラリス(polaris)になり、これは北極星。余談として、セブドラ3では進化の極北という言葉が出て来る。
また、シーカーは探索者とか探求者とかという意味に使われるので、結果として、正反対/極北の探求者みたいな意味合いを目指した訳である。
やっぱり、この設定が表で活きるかは不明なので、この場を借りて記して置く。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/02(水) 13:22:10|
  2. 設定、SS文庫
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://sutenekonohako.blog.fc2.com/tb.php/381-5e86cd6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)